何年経っても満足できる「平屋の住まい!」お伝えします!

平屋の住まい

近年、高齢者の増加に伴い在宅介護が主になりつつある中、新築計画で上下階の移動がなく暮らしやすい「平屋」を選択肢に入れる方も多いのではないでしょうか?

また「開放的な空間で子育てを楽しみたい!」といわれる子育て世帯が新築で平屋を計画するケースも多々見られます。

 

そんな中でも何度か申し上げていますが、

一度建てたらずーっと満足のいくお家を建てたいですよね?

よって今回は

平屋のメリット、デメリット

平屋だからこそ!計画する際に見るべきポイント

をお伝えします。

ちなみに平屋とは、1階建住宅とも呼ばれ、ワンフロアで構成される戸建て住宅のことです。

■平屋のメリット

・生活動線が楽

階段の上り下りがないため移動が楽になります。

例えば、掃除機を2階に持って行き来することがなかったり、2階の部屋に忘れ物をしたら上って取りにいかないといけなかったりとちょっとことしたことですが、シーンが思い浮かびますよね。一方、平屋は水平方向のみの移動です。

また、将来のことも考えた時にも暮らしやすいつくりです!

・家族間のコミュニケーションがとりやすい

例えば、お子様が個室にこもっていても、同じフロアのため目が届きやすく、声もかけやすくコミュニケーションがとりやすいです。

・庭と行き来しやすい

各部屋が庭とつながる間取にすることで、屋外空間を生かした家にできます。

部屋とガレージをつなげて趣味を楽しんだり!部屋の延長空間にウッドデッキを広げて友人を招いてバーベキューをしたり!幅広い活用方法がございます。

■平屋のデメリット

・2階建てに比べ工事費が割高

建築費用の中でも基礎工事と屋根工事は特に費用がかかりますが、平屋の場合、基礎も屋根も同じ延べ床面積の2階建てに比べて、面積が約2倍と広いため、よりコストがかかります。また、屋根も床下も高い断熱性能が求められるため、その分断熱工事の費用もかかります。

さらに建設地が軟弱地盤だった場合、平屋は基礎面積が広い分、地盤改良工事も2階建てと比べ2倍近くかかることもございます。

一方で階段やバルコニーの費用はかかりません

■平屋だからこそ見るべきポイント

こちらは前回の記事でもお伝えさせていただきましたが、家を支える材料が平屋だからこそ非常に大事なポイントです!

湿気やシロアリなどによって床が傷んできてしまった。よく聞く話ですね・・・

床面積が広い=一生床が劣化しない材料で建てること!

屋根面積が広い=一生断熱性能が劣化しない材料で建てること!

このポイントをしっかり理解しておくことで建ててからかかるお金や長年住む上での快適さが大きく変わてきます!

より詳しい話を聞かれたい方は下記をお申し込みください!

・現場見学会
↓↓↓
https://asahikasei-ibaraki.com/fx/PGGKML

・展示場予約
↓↓↓
https://saipon.jp/h/asahikasei

 

>>へーベルハウスの平屋はコチラ<<

ヘーベルハウスの「モデルハウス動画」の閲覧と予約はこちらからどうぞ!
「6つのモデルハウス動画」を今すぐにチェックする
旭化成ホームズ株式会社 茨城支店では、個性溢れる「6つのモデルハウス」をご覧いただけます。 まずは動画をチェックして、あなたの理想の住宅を探してみてください。
旭化成ホームズ株式会社 茨城支店へのお問い合わせ
お問い合わせ
資料請求やご質問など、お気軽にお問い合わせください。
平屋の住まい
childをフォローする
ヘーベルハウス 〜All for LONGLIFE〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました