失敗しない!建替え家づくりの秘訣

未分類

早速ですが、「茨城県が巨大地震がいつ起きてもおかしくない状態」と言われているのはご存知ですか?

先日もびっくりするような地震が来ましたね…。

皆さんのお家の「耐震性能」は万全ですか?

築30年程度経過した戸建て住宅は、大掛かりな耐震補強が必要になるケースが多いと言われています。

その他にも、30年前の構造では断熱が不十分で「ヒートショック」の危険性もあります。

それから、「間取りが使いにくい」「水廻りを一新したい」などお考えではありませんか?

そこで今回は、「ヘーベルハウス」より「建て替えの流れ」と「建替えを行う上で大切な7つのポイント」をご紹介します!

ポイント1:新居のイメージづくり

まずは、建て替えの目的を整理することが重要です。

「いま」はもちろん「これから」のニーズを見越した計画が大切です。

ライフスタイルや相続など.・・・将来の出来事をイメージすることで理想の住まいが見えてきます。

展示場での確認はもちろんですが、セミナーや相談会、リアルサイズの建築現場見学会などへの参加もオススメです。

ポイント2:資金計画

資金計画については、ライフサイクルコスト(LCC)が非常に大事です。

ライフサイクルコストとは、建築費と住み始めてから発生する費用を総合したものです。

見るべきところは、この4つです!

・イニシャルコスト(建築費用)

・ランニングコスト(光熱費など)

・メンテナンスコスト(修繕費など)

・リリースコスト(売却時の諸費用)

予算検討をする際は、「建てる時」だけでなく「建てた後」のコストも考慮する必要があり、その差は住まいの性能によって大きく異なります。

ポイント3:依頼先(メーカー)検討

判断をする中で、建物の性能差が暮らしの「質」になります。

そのため、メーカーごとに異なる性能面は特にこだわりたいポイントです。

理想の建て替えを叶えるためにもパートナー選びの基準を明確にし、信頼できるメーカーを選びましょう!

ポイント4:相談・お打ち合わせ

相談・お打合せはまずは、敷地調査から始めてください。

解体を伴う建て替えにおいても、まずは「敷地を知る」ことから住まいづくりは始まります。

ここで注意したいのが、敷地調査にも「質」があるということです。

より正確に、より詳細に敷地を診ることでプランニングにも差が生まれます。

また、子育て期、成熟期、高齢期などライフステージによって住まいづくりに求められるスペックは異なります。

今だけでなく、数年先、数十年先を見据えたイメージづくりを心掛けましょう。

ポイント5:ご契約・詳細決定

予算に合わせながら、インテリアや外構計画などプランの詳細を詰めていきます。

細部までしっかりと要望を伝えましょう!

ポイント6:解体・仮住まい

仮住まい探しは「早めに」がコツです。

仮住まい探しや、2度の引っ越しなど何かと準備が多いのも建て替えの特徴です。

特に仮住まい探しは、短期契約となるのですぐに見つからないことも・・・。

余裕をもった計画が大切です。

ポイント7:完成・ご入居

サポート力の違いも、住み心地の差になります!

ご入居後の品質保証期間やサービス内容には、会社ごとに違いがあります。

快適性や資産価値の維持、メンテナンス負担の軽減などサポート体制によってその後の暮らしにも違いがでるので、事前の詳細確認は欠かせません。

まとめ

「人生100年時代」といわれる時代を迎えた今、建て替え後の人生においても、数十年先を見越した住まいづくりが大切です。

末長く暮らしを守ってくれる強さ、家での時間が楽しくなる工夫、健康的で快適な毎日を過ごせる性能、次の世代に引き継ぐことができる資産性。

もし、あなたが「末長い安心と快適で心豊かなライフステージを実現したい」のならぜひ、「ロングライフ住宅」ヘーベルハウスにぜひご相談ください!

追伸

展示場予約はこちらからどうぞ。

↓↓↓
今すぐに展示場予約をする

また資料請求にて「実家建て替え&活用ガイド」もお取り寄せできます。

下記のリンクをクリック!

今すぐに資料請求する

 

ヘーベルハウスの「モデルハウス動画」の閲覧と予約はこちらからどうぞ!
「6つのモデルハウス動画」を今すぐにチェックする
旭化成ホームズ株式会社 茨城支店では、個性溢れる「6つのモデルハウス」をご覧いただけます。 まずは動画をチェックして、あなたの理想の住宅を探してみてください。
旭化成ホームズ株式会社 茨城支店へのお問い合わせ
お問い合わせ
資料請求やご質問など、お気軽にお問い合わせください。
未分類
childをフォローする
ヘーベルハウス 〜All for LONGLIFE〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました